コラム

村野弘味【鬼門】置くと良い物は?風水との違いや共通点と口コミも!

こんにちは!ヨウコです。

フジテレビで放送中の「突然ですが占ってもいいですか?」に登場している占い師さんは家相を得意とした女性占い師の村野弘味(むらのひろみ)さん

村野弘味さんは「村野流開運術」という家相占いでお客様の悩みの原因を探り運気上げをしています。

そんな村野弘味さんの「村野流開運術」の内容や風水との違いや共通点など気になります!

そこで今回「村野弘味【鬼門】置くと良い物は?風水との違いや共通点と口コミも!」詳しく調査したいと思います。

最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

村野弘味【鬼門】置くと良い物は?

鬼門とは何をするにも避けなければならない、艮(うしとら)(=北東)の方角のことを言います。

 

村野弘味さんによると、鬼門ライン(家の南西→北東)には観葉植物をおくと良いということです。

鬼門には邪気が溜まることが多く、ここに観葉植物をおくと、邪気を代わりに吸ってくれるそうで、家の気が整うそうです。

代わりに観葉植物が早く枯れ流そうですので、その場合は感謝して新しいものに交換していくのが良いそうです。

風水との違いや共通点

風水は、元々中国から伝わってきた市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた環境学だそうです。

大きく分けて2つの分野に分けられます。

1つ目は、陰宅風水と言って、亡くなった人を埋葬するために使う、お墓の風水。
2つ目は、陽宅風水と言って、私たちが住む家やマンション、ビルなどが建つ土地、建物の吉凶を看るときに使う風水。

村野さんの占っている家相占いは日本古来の学問だそうで風水とは全く別なものになるそうです。

家相占いは生年月日、引っ越した時期・方角、家の間取りや向き、水まわりの要素を取り入れながら鑑定する占術で、歴史上で有名な徳川家もこの仮想占いを使って繁栄させたと言われています。

なんとなく「住まいを整える」という考え方では共通点もありそうな気がしますが・・。

学問上で言うと、家相占いと風水は全く違うようです。

スポンサーリンク





 

ツイッターやネットの口コミ

ツイッターやネットの口コミを見ると、家を見直そう!と思って肩も多かったようです。

また、運気を上げるために必要!と言っておきながら、村野さんのおうち自体が汚れているのが見えて説得力がなくなった・・。なんても声も。

これは確かに・・。

発言者には1番の実践者でいて欲しいですよね。

今後も新たな口コミを見つけ次第追記したいと思います。

 

スポンサーリンク





 

まとめ

今回は「村野弘味【鬼門】置くと良い物は?風水との違いや共通点と口コミも!」詳しく調査しました。

鬼門におくと良いものは観葉植物で、置くことで邪気を吸ってくれるそうです。

観葉植物が枯れたら、感謝して新たなものに交換することを忘れずに!

また、家相占いと風水は実は全く違った占いだそうです。

とはいえ、環境を整えると言うことで運を上げると言う意味で見ると、共通点は多そうですね!

では今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。